カテゴリー別アーカイブ: 観光

打ち合わせ渡航(その13)

6138944519740064月27日(渡航13日目)
クアンタン郊外の山里、スンガイレンビン。 錫鉱山で栄えた街だそうであるが、現在は観光地として生き残りを図っている。のどかな雰囲気が大いに気に入った。 ちなみに、帰りのバスは学生で満杯。通学距離は結構長く20キロは乗っているのではないかという学生もいた。バスは時速80キロで走行する(マレーシアの一般道路の最高速度は90キロ)ので、それほど時間はかからないが。

613901101973341パハン州クアンタン市では、バス会社が倒産するなどバスの運営状況がここ数年で急激に悪化。公共交通維持のために政府は国営のバス会社を設立し、残存するバス会社を置き換えた。 国営バスは昨年12月に運行開始、それ以来、運賃無料サービスを続けている。私もその恩恵を受け、20リンギット(650円 マレーシアでは200キロ分のバス代に相当)分を無料にしてもらった。 先進国でも実施していないであろう壮大な社会実験であるが、その成果は微妙。確かにバスは混雑しているのであるが、乗客の多くは20歳前後の若者。車を持っていない世代の人間が、「バス代タダだし、街に遊びに行こうか」という感じで利用している雰囲気である(そもそも、国有化以前に比べバスの本数が減っていて、そのために混んでいる可能性がある)。自動車利用者層を掴むためには運賃無料程度では不十分なんだな、とよく言われている理論を実地で確認する機会となった。

補足:細かく調べると、既存のバス会社が廃業したのは国営バスの開業後で、円滑な置き換えが行われたのかどうかが少々怪しいところ。そもそも、華人が経営することが多い既存のバス会社は堅実経営で、車両の更新こそ遅いものの、運行時刻はしっかりしている事が多い。そこに大手資本や国が参加して、やや無計画に経営を行う事がマレーシアの地域バス経営の問題のような気もするのだが。

打ち合わせ渡航(その10)

6125718621062654月24日(水:渡航10日目)
マラッカ州の田舎町、アローガジャ。 超マイナーな街であるが、写真のように1930年代に建てられたという商店街が今も残っている。日本のように変に近代的に改装しないところが良い。 田舎町をうろうろして気付いたのは、外国人が集まる観光都市以外の観光開発が進んでおらず、宿泊施設があまりないこと。前述のように昨日もヌグリスンビラン州のタンピンという街で宿探しをしたが、人口5万人で地域商圏の中心なのに中心街に宿屋がなく、やむなくホテルが集中する観光都市マラッカに向かう事となった。隣国タイに比べても少ないような気がするのだが、当のマレーシア人はどう考えているのだろうか?

61291962540482224日の夕食、マラッカにあるポルトガル人の子孫が住むという街で、伝統の魚料理を食す。食事・ビール代はマレーシア滞在中最高額の46リンギット(1500円)。味は…味付けは少し辛め、街の食堂で5リンギットで食べれる魚料理と大して変わりはないような。グループで行くと蟹やエビ料理も楽しめて、その割に店構えの立派なレストランよりは安いのでお勧めだと思う。