カテゴリー別アーカイブ: マレーシアのホテル

打ち合わせ渡航(その15)

6232400777061104月29日(渡航15日目)
4月28日の晩はヌグリスンビラン州のバハウに宿泊。バハウはあまり大きな街ではないが、鉄道駅がある事もあり、何軒かホテルや旅社がある。私が止まったのはホテルで、1泊50リンギを高いと思ってしまった。一般的なホテルの形態であるが、古い旅社を改装した形跡があり、水シャワーでトイレはしゃがむタイプのものだった。

614830858547032これはバスターミナルのバスの時刻表なのだが、地名に数字が付いている。日本語で言うと「パロン1区~8区行き」といったところか。こんな所に団地というわけでもないだろうし、バスの本数もそう多いわけでもない。地図を見ると、プランテーションの中に、人工的な集落が点在している。 気になって調べてみると、マレーシアの土地開発局が地域開発と貧しい人に職を与える事を目的として入植地として開発した場所らしい。そうか、確かにこうやって昔の日本も北海道とかで政府が直接雇用を作っていたなあ、最近は自己責任の名のもと、職を奪うような事しかしていないような気がするけど・・・と少し思った。

623237824373002Bahauバスターミナルにて。 客を乗せたままタイヤ交換をしているバス。 突発的なパンクなのかな、と思っていたら、このバスが発車後、別のバスのタイヤ交換も開始。もしかして、運用中にメンテナンス?

補足:晩御飯は何を食べたか・・・、確か駅近くのレストランでナシゴレンを頼んだら、「どんなナシゴレンがいいか?」と聞かれた記憶が・・・。

打ち合わせ渡航(その12)

6139078619726654月26日(渡航12日目)
東海岸沿いにあるパハン州州都クアンタン、首都からバスで3時間程度であるが、寄り道しながらやってきたので時間がかかった。
写真はクアンタンの宿(旅社)。一応掃除もされているようで許容範囲、ただし、シーツ用意していれば・・・。値段が結構高く50リンギット(1600円)もする(バスターミナルの目と鼻の先だからだろうが)。ベッドはダブルベット2つで、4人家族でも寝れるが・・・。

613523508677767

さて、今夜はサッカーの試合で大いに盛り上がっていた。スタジアムも立派で、楽しむ観客の様子は日本と変わるところがない。これからの研究活動では「マレーシアが先進国になるために必要なもの」は何かを見出す事が求められるが、交通政策ではいくつか思いつくものがあるが、人々の生活満足度などから考えると、これは結構難しい問題なのでは、と少し思った。

補足:マレーシアが先進国ではない、という事はどういう意味を持つのか今でも思考中。分かり易い話でいえば、年金や医療保険が未整備という問題がある、あとネットが遅い。所得水準から言って、国民は日本人のように海外旅行をいつも楽しめない。ただ・・・日本も年金や医療保険の将来の給付水準は怪しいし、若い立場で言えば、掛け金が非常に高いので、意味がない(マレーシアで医者にかかった場合の費用は、日本の3割負担の医療費より若干安い程度、重病で高額医療費軽減などがあると話が変わってくるのだろうが・・・)、日本の労働者は忙しくて海外旅行に行けない、マレーシアでは安価でそこそこの教育が受けられるのに、日本では大学の学費が馬鹿高い等々の問題もある。日本人のように忙しく働いて、社会資本を計画的に蓄積すれば、韓国のような感じで短期間に経済成長を遂げる事も可能なような気がするが。

打ち合わせ渡航(その11)

6128902387410944月25日(渡航11日目)
パハン州、タマンネゲラ国立公園の玄関口として有名なジェラントゥットにて。 行き先はベンタ(文打)なのであるが、この路線の衰退ぶりはすさまじい。看板を見る限り全盛期は14本あったバスが、張り紙を見ると今は4本(他に途中止まりが1本)しかない。熱帯雨林に点在する集落を結ぶバスの乗客の多くは小中学生と子供で、本数が極めて少ないというのに慌てる事もなく乗り込む様子が印象的であった。

612898342073617ベンタでバスを乗り換えて向かったラウブのバスターミナルの様子。 終バスも出て、人っ子一人いないのだが時間はまだ7時半。「時間がゆっくり動く国だから」と形容するのは容易いが、ゆっくりした時間感覚で動いているのは公共交通だけで、車の通行量も多いし、商店は10時くらいまで営業している、勿論車利用が前提である。機敏な時間感覚に合わせられるような公共交通の再設計が課題なのかな、とふと思った。

補足:ここラウブが実家の院生と仲良くなり、2泊ほどさせてもらった。華人の4~5人家族の場合、一家に2台の自動車保有が当たり前で、基本的に学生の通学以外は公共交通利用は不要であるとのこと・・・。

612916402071811 61291905540487925日ラウブの宿、この街には旅社街があり、難なく宿を確保する事ができた。値段は40リンギット(1300円)で、採光の良い窓とトイレ、シャワー付き(水のみ)。難を言えば少しベットの清潔度が怪しい感じなところか。持参のシーツを敷く。

打ち合わせ渡航(その9)

6119776188323564月23日(火:渡航9日目)
ヌグリスンビラン州のバハウという地方都市で足止めを食らって3時間。 州境を超えて隣の州の都市(パハン州ジュラントウット)に出たいのであるが、バスの本数が少ない。ひとまず州境の街に行こうと州境への行き先表示を掲げた暑いバスに乗り込んで(すでに多くの乗客が乗り込んでいて、すぐ出発しそうな感じであったが)待つ事一時間、「途中までしか行かない、行き先表示まで行くバスは2時間後」と言われる・・・。 2時間後のバスに乗っても州境でバスの接続もなさそうな感じがしたので、予約していた宿をキャンセルして別の都市に向かう事にする。
IMG_2343パハン州へ行く事をあきらめた私は、州南東部の田舎町タンピンに行くバスに乗り込んだ。本数は1日10本ほど、長い時には2時間ほど間隔が開くローカルバスである。 運転手はインド系で、途中にインド系移民を対象にした小学校(プランテーションに多い)があるらしく、インド系の小学生がたくさん乗り込んでくる。学校ではタミル語教育の筈だが、英語も話せるようで、「名前教えて」と声をかけられる。 間隔の開く、しかも時刻表も掲示されていない(さすがに車内には時刻の掲示があったが)バスを一体どう利用するものか、と思っていたら、バスが停車、運転手が何回かクラクションを鳴らしたあと、乗客の一人が運転手に一声かけてバスを降り、道の向こうの茂みに消える。何事かと思い眺めていると、5分くらいして乗客が別の乗客2名を連れて戻ってくる、一人は妊婦である。必ず乗るはずの乗客がいないからと心配して、呼びに行っていたのだ。色々な思いがこみ上げ、ちょっと涙腺が緩くなってしまった。

612908658739252タンピンでは市街地の中で宿は見つからず、今回の訪問で2回目のマラッカでの宿泊。観光が目的ではないので、気が引けたが、宿に困らない観光都市での滞在となった。ちなみに今回も歴史地区のゲストハウス。普通の宿より安いからであるが、泊った部屋は3階からマラッカ川を望む比較的良い部屋(50リンギット)。

打ち合わせ渡航(その7)

6117053321929184月22日(月:渡航8日目)
これはホテルではなく、滞在用にと紹介された部屋の様子。 そんなに広くはないのだが、寝室と居間が区切られているのが当地らしいな、という印象を受けた。 それにしても準備が早い。私は日本人的感覚で、「後ほど返事をいただく」という心持ちで金曜日に研究計画を報告したのだが、そこらへんをすっ飛ばして、私の滞在計画は既成事実となり、月曜日にはビザ取得の写真撮影とか滞在場所とか具体的な作業に移っている(勿論、後で問題が起こらぬよう確認はとっているが)。ばらばらに仕事を片付けようとすると時間がかかるからというお国柄もあるのだろうが、こんなにスピーディーには日本でも出来ないであろう。部屋に至っては学内の寮だからでもあるが、30分で決まってしまった。まあ、期待されているという事で研究を頑張らねば。

補足
1年後の今も居住中。ビザのほうは・・・結局なしで一年過ごしました。全て日本人の助力なしでやったので、現地の実情を知るのにいろいろ長期間を要してしまった。

打ち合わせ渡航(その5)

6112069955760854月20日(土:渡航6日目)
セレンバンという街で宿泊した旅社(華人が経営する安い宿)。 他のホテルをあたったが「FULL」と断られる。オンラインサイトを見ると空室ありなので「何で」と思ったが、口コミサイトに「設備の割に高い」「カビ臭い」と書かれているホテルに懇願して宿泊させてもらうのも、と思い、街中をうろうろして発見した。隣のホテルの看板を目指して歩いている最中だったので、発見は偶然である。
611206955576089

この旅社、エアコン、採光窓、テレビ、専用のトイレ、ホットシャワー付きで45リンギット(1500円)、エアコンの冷気のあたりが良く、しかも静かで清潔、親切ときている。この値段帯のホテルでこれらすべてが整っているのは珍しい(マラッカのゲストハウスは良かったが、トイレ・シャワーは共用、テレビなし)。ここより快適とは考えにくい75リンギット(2500円)のホテルに断られて正解だったかもしれない(ただし部屋数は少ないので、いつも泊れるとは限らないが)。前に別の街で泊った旅社が酷かったので1泊だけと言ってチェックインしたが、2泊延長することにした。

補足:この日は、人口数万人程度の街でホテルを探したが、小規模都市のホテル事情は日本より悪く、適当な場所が見つからない。夜は27~8度くらいで快適だから、車で旅行する人は車中泊して公衆トイレの水シャワーを使うというのが一般的なのだろうか?
旅社はもう少し大きめの街、あるいはやや小さめで鉄道駅のある街ならどこにでもある。ただ、当たり外れは大きい・・・ここはその中でも一番良いほう。Jalan Tuanku Munawir(バスターミナルの前の通り)を北上して、
Seremban-innの手前にある。裏手(西側)には中華系の屋台街がある。日本人の旅行記を見ると、皆ここでお酒の入手に非常に苦労しているのだが、この屋台街にはビールを出す店があって、コンビニで買うよりも安い(尚、マレーシアで外国人相手の店以外で酒類を出すのは中華料理店に限られる)。

打ち合わせ渡航(その3)

609629942400457

4月17日(水:渡航3日目)
さすがにホテルの部屋ばかりアップするのも、と思ったが、安いからと思って予約したホテルでスイートルームに通され部屋が広いのにびっくりする。普通の部屋は団体で埋まっているのだろうか? 本日は、マレーシアの首都クアラルンプールの近郊のカジャンというところにいるが、シンガポールからここまで400kmは、ローカルバスを乗り継いでやってきた。高速バスの倍は時間がかかったが、マレーシアの地域公共交通事情を垣間見ることができた。30~90分おきに走行しているバスの乗客は結構多いが、それよりも行きかう自家用車の量のほうが多く、乗客も車を利用できない人に限定される。これらの乗客も、多くはバイクや、誰かの車に便乗、という代替手段がある模様で、客離れはんでいる感じである。すでに路線の維持が困難になっている所も多いといわれ、その対応をどうするかが地域公共交通政策の課題になっている。

補足
宿泊したホテルは「プレスコット・イン・カジャン」。通常は130リンギット(約4000円)程度するのだが、この時はプロモーションで75リンギットで宿泊する事ができた。クアラルンプールは高級ホテルが安いのが特徴であるが、エコノミーホテルは日本のビジネスホテルとあまり変わらないのでお得感が小さい。

609634962399955カジャン行きのバスが出発するセレンバンのバスターミナル。

 

打ち合わせ渡航(その2)

609071645789620
4月16日(火:渡航2日目)。
世界遺産の街、マラッカの宿。 昨日と異なり何の変哲もない一泊1200円のいわゆる安宿であるが、寝具は清潔で、窓からは川も望める。 さて、マラッカはマレーシア随一の観光都市で、政府も公共交通の改善に力を入れている。少し前にバス路線を州政府が買収、3年前は、エアコンなし、ドア開けっ放しの超オンボロバスだったのが、ICカード対応のノンステップバスになっていた。時代が一気に50年進んだ感じである。 ただ、観光都市と交通政策という面では、バスはエアコンを付けるくらいでよく、むしろ旧市街の車の流入制限を行ったほうが良いようにも思える。風光明美な旧市街は車が多く、落ち着いて歩きまわれないのである。 同様の旧市街で有名なホイアンでも市街地の自動車(バイク)流入制限が行われているので出来ないことはないと思うが、関係者との調整が難しいのであろうか?このあたりも今後の研究の中で調査できれば、と考えている。

609073172456134
マラッカ旧市街を流れるマラッカ川。

609073929122725 609074242456027

マラッカ郊外のバスターミナル(都市間バス発着ターミナル)と市内を結ぶ近郊バスの車内。2010年に乗った時はエアコンなし、ドア開けっ放しのオンボロバスだったのだが、下手な日本のバスよりきれいになっていた。 609631615733623 609632185733566
自動車流入が深刻なマラッカ旧市街。
補足:学会報告などを見ていると、マラッカの魅力向上のために旧市街への自動車抑制策に関する研究もおこなわれているようである・・・が、もう一つの世界遺産都市であるペナンと比較した場合、有力国立大学が近所に無いために、大学と協力しての研究がおこなわれにくいという研究上の課題が存在する。あと、幹線道路が旧市街を縦断する構造になっているので、物理的にも少し対応が難しい側面がある。

 

打ち合わせ渡航(その1)

608715849158533
4月15日(月:打ち合わせ渡航第1日目)、シンガポールからマレーシア南部のジョホール州へ越境。
今年は挑戦の年、と息巻いてマレーシアに来てみたはいいけども・・・ 両替商には100円をボラれ(まあ、大金盗まれていないからいいけど)、スマートフォンのSIMはうまく機能せず、しまいに「ショッピングモールの上層階を改装したホテル(写真)」の洗礼を受けてしまった(まあ、結構快適ですが)。週末はクアラルンプールで研究計画をプレゼンする予定だが、果たしてうまくいくだろうか?
60907331578945315日に泊ったホテルの1階、ショッピングモールそのもの。ショッピングモールのカフェが朝食レストランになっているのは合理的だと思ったが。
※補足
ぼられたと思ったのは、1リンギット=○○円、という換算レートで両替屋に向かったため・・・らしい。今は1000円=○リンギットというレートを頭に入れています。SIMカードは翌日には上手く設定できました。
ショッピングモール改装ホテルは現在も不思議。機会があったらまた宿泊したいものである。