スイカ混乱と海外の観光鉄道推進

http://www.sanspo.com/geino/news/20141220/sot14122012210012-n1.html
100周年記念スイカ販売で東京駅が大混乱…9000人が列をつくる

この種のエネルギーをもっと有効に使えないものかな、と色々思案する。
最近、スマトラ島西部出身の知人が観光開発で投資を募っている。イスラム教では利子収入を当てにするのは良くないことなので比較的投資に抵抗はないのだが日本人には難しい話。「日本人に投資を勧めるのはイスラム教徒に豚を勧めるようなものだよ」と説明するのだがこの地域は色々魅力的で勿体無い話。
地域随一の高原観光地と空港のある州都の間には一部ラックレールの廃線跡があり、復活させれば、スイスの氷河急行並に楽しめる観光鉄道が出来る。スマトラ島を縦貫する幹線鉄道網も構築して豪華寝台列車を走らせ、この高原観光鉄道に接続させれば旅は楽しいし、一般の旅客貨物輸送による経済効果は計り知れない。ただ、州政府庁舎が数年来仮庁舎である位でとにかく地域にお金がないのである・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>