イギリスの夜行列車政策

http://www.transportscotland.gov.uk/rail/caledonian-sleeper-franchise

スコットランド交通庁の夜行列車フランチャイズ入札に関するウェブサイト。
イギリスの鉄道は民営化されているが、民間事業者が列車を運行する為には政府から運行権(フランチャイズ)を一定期間内獲得する事が求められる。運行権はかなり細分化されているので、政府のほうで予め「どのような列車を運行すべきか」という事をイメージしたり、民間の提案を精査する必要がある。どうもそんな中で、「ロンドン~スコットランド間の夜行列車の運行」は国の政策課題として扱われるようになったようで、2015年より夜行列車のみで運行権のやり取りが行われるようになった。
このページにはロンドン~スコットランドの夜行列車、カレドニアンスリーパー運行に関する政府から民間への要求事項が100ページ以上の文書として書き連ねてある。ほとんどは他の路線と共通の内容と思われるが、カレドニアンスリーパー特有の要求事項の内容も数十ページ含まれていて、その中には駅の専用ラウンジとか、シャワー設備に関する記述もあったりする。特に”Caledonian Sleeper Rail Franchise”という小冊子は8ページながら、国のこの夜行列車に対する将来ビジョンが示されている。この列車運行を意義あるものにするために、政府は1億ポンド(187億円)の支出をするという。車両は新造される予定で、その中には本格的な食事を提供する事の出来るラウンジも含まれている。
カレドニアンスリーパーの1日あたり利用客は800人ほどで、政府の補助額は、大雑把に見積もって利用客1人あたり数千円を補助する事を意味する。空港整備などには同じ位の金額が補助されているから、非効率ではない、という判断が下ったのであろうが、随分思い切った決断をするものだなあ、とも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>