議員報酬をめぐる議論を眺めて

何故手をあげないんだ?”@bilderberg54: 議員報酬削減に賛成している政党が挙手している。 “

例えば、命をかけた大手術を受けるときにその医者が「時給800円」と「時給8000円だったら」どっちがいいだろうか。私は「時給800円」の医者の手術には不安を覚える。医者の時給により手術代に影響が出るとしても払える金額なら高時給の医者を選ぶだろう。国会議員も同じで、議員報酬に数百億円を支出しているといっても、彼らの行動は、国の予算や国が決める経済政策などの影響で数百兆円のお金に影響を与える。国会議員を安月給にして、その給料程度のクオリティしか出せない政治家とか、資産があるので道楽で政治をやるとかそういう人間が数百兆円の金を動かす、という事になってしまうほうが怖い。


あと、本リンクでは自民党は全体として議員報酬削減には反対しているようだが、地方議会を含めると、保守系議員が議員報酬の削減を提案・実施する事はそう珍しい事でもない。一見、いいことのように見えるが、結局成果が出ず、より巨額な損失を与えている事を誤魔化すためのパフォーマンス、政治家同士の駆け引き、のようにも見える。
下げる、といったってどうせ数割程度しか下がらないものだし、仮に無報酬になったところで巨額の国の借金を返すのに大きく貢献できるものでもない。そんなことよりは、政治家の政治への貢献度をより客観的に評価し、解りやすく国民に公開する、そんな仕組みを政党単位とかで構築してくれたほうがずっと有難いし、私ならそれを問いかけたいと思うのであるが・・・

※)基礎自治体の議会に関しては政治は素人がやるものと位置づけて、サラリーマンでも議員活動ができるような仕組みにしてしまい、無報酬にしてしまうというのは有効なのではないかと思ってはいるが。

補足
高給を貰って庶民の暮らしの事が理解できるのか、という批判があるのだが・・・たとえば道を歩いているときに小さな虫を踏みつけないように気をつけるが、自動車を運転する時にはそんな虫の事を気にしていたら事故の原因になる。消費者行政とか生活に直結する福祉の事を専門にしている政治家ならともかく、国民生活の細かい点ばかり気にして、全体的な政策をうまく行えない政治家ばかりも困る。
あまり金持ちぶられても困るが、落選で浪人生活をするとか、ポケットマネーである程度政治活動をすることを考慮すると、現在の議員報酬だと中堅サラリーマン程度の生活水準となるので、それくらいでちょうど良いのではと思ったりもする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>