バス事業の赤字

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000188.html
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000188.html
平成25年度乗合バス事業の収支状況について

日本の路線バス事業、民間でも160社が恒常的に赤字とは・・・


ただ、手元の資料を見ると、1975年以降民間バス事業が全体として黒字になった年はなく、単純に足し算をすると累積赤字は2兆円くらいになる。ネットをみると運送業で個人経営の所は年金暮らしの社長が役員報酬0、自らの貯金を会社につぎ込んで1日14時間労働・・・なんて上の数字そのままの状況があったりするが、ある程度の経営規模があるバス会社ではいくらなんでもおかしいので、高速バス事業の黒字とか、比較的短い車両の償却期間などから路線バス部門を赤字にするインセンティブがある、といった要素も考慮しなくてはいけない感じも。実際中小企業の財務や経営を見た事が無い、というのはこういうときには少し不利だなあ、と思ったりもする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>