打ち合わせ渡航(その10)

6125718621062654月24日(水:渡航10日目)
マラッカ州の田舎町、アローガジャ。 超マイナーな街であるが、写真のように1930年代に建てられたという商店街が今も残っている。日本のように変に近代的に改装しないところが良い。 田舎町をうろうろして気付いたのは、外国人が集まる観光都市以外の観光開発が進んでおらず、宿泊施設があまりないこと。前述のように昨日もヌグリスンビラン州のタンピンという街で宿探しをしたが、人口5万人で地域商圏の中心なのに中心街に宿屋がなく、やむなくホテルが集中する観光都市マラッカに向かう事となった。隣国タイに比べても少ないような気がするのだが、当のマレーシア人はどう考えているのだろうか?

61291962540482224日の夕食、マラッカにあるポルトガル人の子孫が住むという街で、伝統の魚料理を食す。食事・ビール代はマレーシア滞在中最高額の46リンギット(1500円)。味は…味付けは少し辛め、街の食堂で5リンギットで食べれる魚料理と大して変わりはないような。グループで行くと蟹やエビ料理も楽しめて、その割に店構えの立派なレストランよりは安いのでお勧めだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>