打ち合わせ渡航(その12)

6139078619726654月26日(渡航12日目)
東海岸沿いにあるパハン州州都クアンタン、首都からバスで3時間程度であるが、寄り道しながらやってきたので時間がかかった。
写真はクアンタンの宿(旅社)。一応掃除もされているようで許容範囲、ただし、シーツ用意していれば・・・。値段が結構高く50リンギット(1600円)もする(バスターミナルの目と鼻の先だからだろうが)。ベッドはダブルベット2つで、4人家族でも寝れるが・・・。

613523508677767

さて、今夜はサッカーの試合で大いに盛り上がっていた。スタジアムも立派で、楽しむ観客の様子は日本と変わるところがない。これからの研究活動では「マレーシアが先進国になるために必要なもの」は何かを見出す事が求められるが、交通政策ではいくつか思いつくものがあるが、人々の生活満足度などから考えると、これは結構難しい問題なのでは、と少し思った。

補足:マレーシアが先進国ではない、という事はどういう意味を持つのか今でも思考中。分かり易い話でいえば、年金や医療保険が未整備という問題がある、あとネットが遅い。所得水準から言って、国民は日本人のように海外旅行をいつも楽しめない。ただ・・・日本も年金や医療保険の将来の給付水準は怪しいし、若い立場で言えば、掛け金が非常に高いので、意味がない(マレーシアで医者にかかった場合の費用は、日本の3割負担の医療費より若干安い程度、重病で高額医療費軽減などがあると話が変わってくるのだろうが・・・)、日本の労働者は忙しくて海外旅行に行けない、マレーシアでは安価でそこそこの教育が受けられるのに、日本では大学の学費が馬鹿高い等々の問題もある。日本人のように忙しく働いて、社会資本を計画的に蓄積すれば、韓国のような感じで短期間に経済成長を遂げる事も可能なような気がするが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>